5.24.2016

BELLA MAXI


5月なのに連日夏のようなお天気。

全国的にあつ~い日々が続いていますね♪

今のうちに、静かな海を満喫。

真夏の大賑わいなビーチも好きですが
ただただリラックスしながらゆっくりと時間が流れる、
静かなビーチがやっぱり好きです。

5月に寒さを感じることなく、オフショルダーを着ることが出来るなんて!
ファッションの小さな幸せも満喫中。


* * * * * * * * * *

今日写真を載せているのは
Flynn Skye」のマキシドレス。

BELLA MAXI - DARK NIGHTS

今季のFlynn Skyeのお気に入りの一つです。


レーヨン100%

とはいえ、Flynn Skyeが昨年秋冬以降、メインで使っているのは
夏の洋服で多く見かける薄手のレーヨンではなく
適度な厚みと張りを感じられるもの。

 レーヨン100%と一言で表現しても
肌触り/厚み/風合い…本当にたくさんの素材感がありますが
画像で伝わりにくいのがちょっと残念です。

胸周りや袖周りのゴムのフィット感も抜群。
着ている間に何度もぐいぐいっと、直さなければいけない心配もありません*



JewelryはArrow Divineのシルバージュエリーで統一。
あえてネックレスは着けずに、ピアスと指輪をキラリ。

*ピアス*
 Diamond Sun Earrings

*リング*
Double Band Herkimer Ring 


それから、マキシ丈の長さ問題・・・
皆さんはどうされていますか?

私はほとんどの場合、すぐにお直しをします。
でも、その際に気を付けなければならないのが、プリントとシルエット。

①裾の部分の丈詰めをしても、プリントに支障はないか
時々、裾の部分が一番可愛いプリントだったりするので(涙)

②切っても、デザインは変わらないか
①と共通していますが、
裾の部分に凝った装飾やカットワークが施されていること・・・ありますよね。

海外のブランドは、やっぱり海外丈!!な事が多く
いいなぁ~このドレス、そのまま着れるんだ・・・
と羨ましくなってしまうことも多いのですが
逆に、お直しをすること前提の気持ちになってしまえば
上記の①②をクリアしているマキシドレスは、どんな物でも着れるんだ。
そう思った瞬間、マキシ丈のアイテムに対するハードルが下がりました♡


The Sunset Marketが選ぶ、マキシドレスのセレクト。
数は多くありませんが、丈詰めをされる方でも
極力着て頂きやすいデザインのものを選ぶようにしています。

先日カリフォルニア/ヴェニスに旗艦店をオープンしたばかりのFlynn Skye*
夏のヴェニスのリアルな空気を感じられるブランドです。

「街と海」

どちらも感じられるMade in USAのアイテムが揃っていますので、
是非、夏に向けて改めてご覧ください~♡


The Sunset Market ONLINE SHOP